経済

沖縄の旬の夏野菜をどうぞ 東京で食文化をPRするイベント ゴーヤーなど100点出品 20日まで開催

高山厚子さん(左)と共にトウガンを使ったサラダづくりに挑戦する来場者ら=16日、東京都のJA東京アグリパーク

 【東京】沖縄県産の農水産物や琉球泡盛、ビールなどの食材や食文化をPRする「はいさい!沖縄フェスタ」が16日、東京都のJA東京アグリパークで始まった。20日まで。ゴーヤーなど旬の夏野菜や加工品など100点が出品された。沖縄の野菜を使った料理教室なども催され、初日から多くの人でにぎわった。

 料理教室では名護市出身の沖縄料理研究家・高山厚子さん(76)が講師を務め、トウガンやハンダマ、オクラ、モズクなど沖縄の食材を使ったサラダを披露した。参加した渋谷区に住む50代女性は「初めて食べる食材ばかりだが、とてもおいしい。料理のレパートリーが広がった」と笑顔で話した。

 冷凍シークヮーサーの実を入れた飲料も販売され、来場者の関心を集めていた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス