スポーツ

西原が23年ぶり8強入り 南部九州総体女子バスケ

 2019年度全国高校総合体育大会「感動は無限大 南部九州総体 2019」の女子バスケットボール3回戦は30日、鹿児島県のいちき串木野市総合体育館で行われ、西原が前回大会3位の四日市商業(三重)を90―85で下し、準々決勝に駒を進めた。県勢女子の8強入りは1996年の山梨総体で北中城が進出して以来、23年ぶり。31日は前回大会覇者の桜花学園(愛知)と対戦する。

 「走るバスケ」を持ち味とする両校の対戦は、早い展開で点の取り合いとなった。西原は内外からのシュートで序盤から主導権を握り、前半を10点リードで折り返した。後半は疲労から足が止まる場面が目立ったが、宮里野乃子主将の3点弾やU―18日本代表に選ばれた知名祐里の鋭いドライブで得点を重ね、逃げ切った。【琉球新報電子版】


四日市商業との対戦でドライブで攻め込み、シュートを狙う西原の知名祐里=30日、鹿児島県のいちき串木野市総合体育館








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス