社会

「父のこと知りたい」 80歳の叔父「神谷清光さん」捜す 母が県出身のハツコ・マルティネスさん、16日から沖縄訪問

叔父の神谷清光さんを探しているハツコ・マルティネスさん=24日、那覇市内のホテル

 米フロリダ州在住で沖縄県系2世のハツコ・マルティネスさん(64)が16日から沖縄を訪れ、母方の叔父に当たる神谷清光さん(80)を探している。一度も会ったことがない実の父親について話を聞き、自分のルーツを探したいと願うマルティネスさん。「清光さんなら父のことを知っているかもしれない。会って自分の人生について知りたい」と語る。

 マルティネスさんは県出身の母キミさん=旧姓神谷=と米軍人の父アレクサンダー・アメンタさんとの間に生まれ、米軍嘉手納基地内で暮らしていたが、5歳の頃に両親は離婚した。キミさんは15年前に他界したが、当時のことを何も伝えていなかったという。

 キミさんの弟に当たる清光さんと最後にやりとりをしたのは3年前で、日本人の友人を介した電話で清光さんは「自分は那覇よりずっと遠い北の方に住んでいる」と話したという。2005年の戸籍謄本によると、清光さんの本籍地は島尻郡八重瀬町志多伯。マルティネスさんは「沖縄に来てから各地の市役所を回ったが、住所がないから見つからない」と説明した。

 キミさんは9人きょうだいで、マルティネスさんは「清光さんは唯一生存しているかもしれない親族」と話す。「父は誰なのか、私にきょうだいはいるのか全部知りたい」と期待を込めた。

 マルティネスさんは26日に帰国する。連絡先は(電話)863(594)7739(国際電話)。メールアドレスはbee1442@juno.com
 (上里あやめ)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス