地域

「モズクゼリー」味わって 伊江に新たな特産

伊江島モズクゼリーをPRする大城勝正村長(左)と八前隆一組合長=10月31日、伊江村役場

 【伊江】伊江漁協(八前隆一組合長)はこのほど、フコイダンエキスの入った「伊江島モズクゼリー」を完成させた。10月31日に八前組合長が伊江村役場に大城勝正村長を訪れ、商品の完成報告とPRをした。

 同漁協は昨年から村内で収穫されるモズクの需要と持続性の高い商品開発を目指し、健康増進にも期待できるゼリーの開発に取り組んだ。ことし3月には村内3学校で試作品を提供し、児童生徒から良い反応があった。
 八前組合長は「試行錯誤を繰り返し、フコイダンや食物繊維も多く入った食べやすい商品になった」と紹介。試食した大城村長は「パイン風味でサイズもちょうどいい。幼児からお年寄りまで幅広く好まれる味に仕上がっている」と満足し笑顔を見せた。1日には3学校の給食で試食された。
 モズクゼリーは1袋10個入り360円。売り上げの一部は村内の芸術活動などに使われる村青少年教育活動資金に寄付される。
 1日から発売を始め、同漁協や伊江港内の伊江島物産センターで販売されている。10日に行われた村産業まつりや離島フェアーの会場でも販売した。(金城幸人通信員)

英文へ→New special local product Mozuku Jelly from Ie



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス