地域

ヤギと触れ合い笑顔 大石公園ヒージャー愛好会

ヤギと駆けっこする子どもたち=8日、那覇市の大石公園

 子どもたちとヤギ(ヒージャー)の駆けっこや、ヤギの鳴き声大会などを盛り込んだ地域の触れ合い親睦忘年会が8日、那覇市の大石公園で行われた。

大石公園ヒージャー愛好会(大城永一会長)など5団体が呼び掛け、地域のお年寄りや子どもらが多数参加。翁長雄志市長も訪れ、ヤギの鳴き声を物まねするなど楽しいイベントになった。
 駆けっこでは、地域の幼稚園児や日ごろヤギの世話をしている子どもら約30人が参加。エミール保育園の林天士郎くん(4)は「ヤギさんと走って思いっきり走れた。ヤギさんは遅くて僕が勝った」と喜びを表した。
 翁長市長がヤギの鳴きまねをすると会場は笑いに包まれた。仲宗根昌子さん=那覇市=は「もう最高。やっぱり似ている。市長が物まねすることに親近感が湧く」と話した。大城会長は「親睦会は初めて。子どもたちが毎日学校が終わってからヤギの世話をしに来る。子どもたちと地域の触れ合いを目指して、今後も地域の癒やしの場所になれば」と話した。
(阪口彩子)

英文へ→Hija-lover group holds event in Oishi Park in Naha