政治

外相、辺野古移設は予定通り 沖縄県知事選で反対候補当選

 岸田文雄外相は17日の参院拉致問題特別委員会で、16日の沖縄県知事選の結果にかかわらず、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を予定通り進める考えを表明した。
 辺野古移設に反対する候補が当選した知事選結果への感想を問われ「普天間の危険性除去(の必要性)は、政府と沖縄の地元が共有している。その唯一の方法が辺野古移設との考えは、今後も変わらない」と述べた。
 同時に「沖縄の負担軽減に向け、地元の理解を得るべく丁寧に物事を進める。米国にも説明したい」と強調した。民主党の白真勲氏への答弁。
(共同通信)