政治

シュワブ前、100人が座り込み 海上作業は確認されず

普天間飛行場の辺野古移設に反対し、抗議集会を開く市民ら=25日午前、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では25日午前から、普天間飛行場の辺野古移設に反対する市民ら約100人が座り込みを行っている。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「県知事選でも民意を見せつけた。引き続き、基地建設工事中止のために頑張ろう」とあらためて連帯を呼び掛けた。
 名護市辺野古沖では午前から、沖縄防衛局の警戒船や海上保安庁のゴムボート数隻が見られるが、海上での作業の様子は確認されていない。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス