政治

埋め立て検証チーム来月発足 翁長知事、訪米「4月以降」

報道各社合同のインタビューに答える翁長雄志知事=22日午前、県庁

 翁長雄志知事は22日午前、県庁で報道各社の新春インタビューに応じ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた前知事による埋め立て承認を検証するチームの発足時期について「遅くとも1月中旬ぐらいと考えている」と述べ、人選などの作業を進めていることを明らかにした。

 訪米時期については、2015年度予算案を審議する県議会2月定例会の前後は厳しいとの認識を示し、「4月以降になる。3月いっぱいの訪米は難しい」と述べた。ワシントン駐在員の設置については「候補は挙がっており、早めに決めたい。訪米を効果的に実施できるように情報収集、分析も必要になる。調整の上、進めていきたい」との方針を示した。
 一方、今週上京して政府関係者に辺野古新基地建設反対の民意などを伝える予定については「東京事務所を通じて調整をしている。組閣が終わった後、25、26日にはいずれにしても上京すると思う。沖縄を担当する大臣らと精力的に面会したい」と安倍晋三首相らとの会談に意欲を示した。
【琉球新報電子版】
英文へ→Governor Onaga to set up investigation team on former governor’s approval of Henoko landfill



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス