政治

「過剰警備」で名護市議会が自粛要請 11管「必要最小限の排除」

第11管区海上保安本部への要請後、記者団の質問に答える(右から)屋比久稔議長、大城敬人軍事基地等対策特別委員長、仲村善幸副議長=12日、那覇市の港湾合同庁舎

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設をめぐり、新基地建設に抗議する市民らにけが人が相次いでいることを受けて、名護市議会の屋比久稔議長らは12日午前、那覇市の第11管区海上保安本部(秋本茂雄本部長)を訪れ、辺野古沖での過剰な海上警備を自制するよう要請した。要請は非公開で行われた。

 要請では、屋比久議長、仲村善幸副議長、市議会軍事基地等対策特別委員会の大城敬人委員長が、過剰な警備行動により市民にけが人が出ていることについて抗議し、埋め立て作業の即時中止を求める意見書を手渡した。仲村副議長によると、対応した11管の宮平晃総務課長は「ルールに従って必要最小限の排除をしている」と説明したという。屋比久議長は「『法律にのっとって対応している』と通り一遍の話しかしなかった」と批判した。
 屋比久議長らは、12日は県警と沖縄防衛局を訪ね、同様に要請する予定。
【琉球新報電子版】
英文へ→Nago City Assembly asks JCG to stop taking excessive actions against citizens