地域

にんじん麺うま~い うるま市で給食デビュー 津堅産使用

地域特産品のにんじん麺が学校給食にデビューし、頬張る生徒たち=4日、具志川東中学校

 【うるま】うるま市勝連津堅島のにんじんパウダーを練り込んだ地域特産品のにんじん麺が4日、市内中学校5校の給食にデビューした。市が取り組む商品開発プロモーション事業の一環で「就労訓練工場しせいかい」(うるま市、上江洲多恵子代表)が製造した。具志川東中学校で振る舞われたにんじん麺焼きそばは「うまーい」と、生徒におおむね好評、地域の特産品を知る機会となった。

 にんじん麺は昨年10月に市上江洲のガーデンクレスで販売が始まった。沖縄そばに津堅島ニンジンのオレンジ色を反映し、通常の麺よりもこしがあるのが特徴だ。
 具志川東中の給食では焼きそばとしてふるまわれ、生徒たちからは「おいしい」と高評価の声が聞かれる一方、「もっと固めに調理してくれた方がいい」など要望の声も。
 給食でのデビューとなったにんじん麺の製造、販売に携わる長根山由梨さんは「麺独自の色合いが出ず、課題となった。今後、給食センターとも研究、調整していきたい」と、初の試みを通して得た課題解決に取り組む考えを話した。
 「しせいかい」は、にんじん麺のほかにも、カラシナを練り込んだ麺も試作中で、バリエーションを設けることで調理法の多彩さも提案。今年は東京都内で開催される料理展にも出展を検討中で、お歳暮商戦を視野に県外発送も狙う。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス