政治

稲嶺市長、早朝資材搬入を批判 「次の段階に進むことできない」

17日早朝、沖縄防衛局が米軍キャンプ・シュワブに資機材を搬入したことを批判する稲嶺進名護市長=17日、名護市役所

 【名護】稲嶺進名護市長は17日午前、翁長雄志知事が辺野古への新基地建設に関し、海底へのトンブロック設置作業停止を指示した後にもかかわらず、同日早朝、資機材が米軍キャンプ・シュワブ内に搬入されたことについて批判した。

 稲嶺市長は名護市役所で記者団の取材に答え、「これまでも夜中や未明にいろなことが起きたが、国は粛々と進めることを見せようとしている」と指摘。「仮に資材搬入があっても、県知事が(岩礁破砕の)検証作業に入っており、国が言う次の段階に進むことはできない」と述べ、国の強行姿勢をけん制した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス