政治

過剰警備中止求める意見書可決 那覇市議会

 那覇市議会(金城徹議長)は23日の本会議で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた新基地建設と、海上保安庁と県警の過剰警備をそれぞれやめるよう求める意見書を賛成多数(賛成33、反対4)で可決した。宛先は首相や防衛相、第11管区海上保安本部長ら。
 意見書は保守系会派の新風会のほか共産、社民、社大、無所属の会の代表が共同で提案し、公明とひやみかち那覇・無所属の会、なは民主も賛成した。自民は「意見書提案者から過剰警備の客観的事実が示されていない」などとして反対した。
 意見書は「翁長雄志知事との対話を拒否し、工事中止や県民の安全確保を求める知事の要請をも無視し、新基地建設作業を強権的に強行するのは民主主義に反する行為で、断じて許されるものではない」と指摘している。
【琉球新報電子版】
英文へ→Naha City Assembly adopts a resolution asking the Japanese government to stop taking excessive actions against Henoko protesters