政治

山城平和センター議長ら2人 那覇地検へ送致

名護署から那覇地検に向かう車両に乗るため名護署構内から外に出てきた山城博治さん(右)ら=23日午後1時半ごろ、名護署

 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で新基地建設計画に抗議中だった沖縄平和運動センターの山城博治議長ら男性2人が米軍に拘束され、刑事特別法違反容疑で逮捕された問題で、2人は23日午後、名護署から身柄を那覇地検に送致された。

 午後1時半、名護署内に機動隊員約20人が集まり「交通整備します」と言い名護署前に集まった市民らを歩道の左右二手に分かれさせ、市民らが山城さんの乗ったとみられる車両に接触しないようにした。
 市民らは大きな声で「頑張れー」「待ってるよー」と手を振りながら山城さんら2人が乗ったとみられる車両を見送った。国道まで人はあふれ、一時騒然とした。
 2人に接見した松本啓太弁護士は「地検には今日中の釈放を求めるよう弁護団として要求した」と話した。
【琉球新報電子版】