政治

国連へ「新基地反対」文書送付 名護市汀間区二見以北の会

名護市辺野古への新基地建設の反対を国連に訴える文書を送った名護市汀間区の新名善治区長(左から2人目)と二見以北住民の会の松田藤子会長(同3人目)ら=26日、那覇市泉崎の県庁記者クラブ

 名護市汀間区の新名善治区長と「辺野古・大浦湾に新基地つくらせない二見以北住民の会」の松田藤子会長ら4人は26日午前、那覇市の県庁記者クラブで記者会見し、名護市辺野古で進められている米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地を造らせないよう訴える文書を国連3機関に25日付で送付したと発表した。

 宛先は国連の軍縮担当特別補佐官、人権理事会、環境計画事務局の3機関。文書では日米両政府が民意を無視し、強引に軍事基地を建設しようとしており、地元住民の生活が破壊されようとしているとし、新基地建設の反対を訴えている。
 新名区長は「粛々と建設が進められていく中でやむを得ず国連に力添えを願いたいと思い訴えた」と述べた。
 両団体による国連への訴えは今回が初めてとなる。
 会見には新名区長と松田会長のほかに、渡具知智佳子さん=名護市瀬嵩区、桑江良健さん=名護市三原区=も同席した。
英文へ→Nago citizens appeal to UN to stop new US base construction