政治

「粛々」は今後使わず 移設問題で官房長官

 【東京】菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、5日に行った翁長雄志知事との会談に関して「(普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた作業を)『粛々と進めていく』と言葉は『上から目線』ということだった。そういうふうに感じられるのであれば表現は変えていくべきだろう」と述べ、「粛々」の表現を今後は使わない考えを示した。

 菅氏は会談について「これから国、県で沖縄の問題に取り組んでいかなければならないことがたくさんある。その対話を始める一歩になった」と振り返った上で「立場の違いが明らかになったが、そうした違いを埋めていくための努力、話し合いは大事だ」と述べ、今後も県と協議を重ねる考えを示した。
 翁長知事と安倍晋三首相との会談については「知事から要請があった。具体的にどのようなことを要望されているのかを詰め、検討していきたい」と述べた。一方、4日夕に安慶田光男副知事と会談したことを認めたが、内容については明らかにしなかった。 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス