政治

島尻氏 「民意はいろいろ」 辺野古変更を否定

 自民党沖縄県連の島尻安伊子会長は6日、米軍普天間飛行場の辺野古移設を容認する政策を変更する可能性があるかを問われ「われわれ(県連)の中では議論が済んだ話だ。辺野古容認の立場なので、党内、県連内で探る必要はないと思う」との見解を示した。

 役員交代のあいさつで県庁に翁長雄志知事を訪ねた後、報道陣の取材に答えた。
 辺野古移設反対の民意をどう捉えるかについては「民意はいろいろある。知事選の結果は真摯に受け止めなければならないが、その後の衆院選の結果などを分析し、細かく見ていく必要がある」と述べ、移設反対の民意が全てではないとの考えを示した。
 同行した具志孝助幹事長は「選挙はいろんな要素の中から有権者が選択する。ワンイシュー(単一争点)ではない。住民投票で賛成か反対かの投票なら明快だが、知事選はこれだけではなかった」と述べた。一方「基地に対して県民が可能な限り県外という気持ちはよく分かる」と一定の理解も示した。
 翁長知事との会談では県政課題の解決に向け、自民党県連として議論を重ねていく意向を伝えた。翁長知事は「(基地問題など)少し手法が違うところもあるが、思いは一つなので力を合わせて頑張りたい」と協力を求めた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス