政治

辺野古移設阻止で協力要請 沖縄知事、維新代表に

 沖縄県の翁長雄志知事は18日午前、那覇市内で維新の党の江田憲司代表と会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止へ向け協力を求めた。江田氏は「安倍官邸の沖縄への向き合い方を憂慮している」との考えを伝えた。

 江田氏は記者団に、辺野古移設をめぐり物別れに終わった17日の安倍晋三首相と翁長氏の初会談に触れ「静かな環境で首相と知事は話し合うべきだ」と強調。そのためにも、沖縄防衛局が移設作業の一環として進める海底ボーリング調査を中止する必要があるとの認識を明らかにした。
(共同通信)