政治

移設作業の中止訴え 那覇、緊急集会に350人

「止めるぞ!辺野古新基地建設 許さんぞ!戦争法制定 4・26怒りの緊急集会」=26日、那覇市の県水産会館

 「止めるぞ!辺野古新基地建設 許さんぞ!戦争法制定 4・26怒りの緊急集会」(4・26連帯の集い実行委員会主催)が26日、那覇市の県水産会館で開かれ、約350人が参加した。

 集会では(1)名護市辺野古への新基地建設反対(2)海底ボーリング調査含む全工事中止(3)刑特法を振りかざした弾圧をやめること(4)東村高江へのヘリパッド建設中止(5)先島・奄美への自衛隊・ミサイル配備中止など6項目を求める決議文を採択した。首相、防衛相、沖縄防衛局長にFAXで送付する。
 27日にも改定される新ガイドラインについては「中国を軍事的に封じ込めるため辺野古新基地を米海兵隊と自衛隊の出撃基地にしようとしている。沖縄はさらなる犠牲を強いられる」と批判した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス