政治

南西石油の石油精製事業継続を要請 西原町長らが県議会議長に要請

南西石油の石油精製事業の継続などを求める要請書を喜納昌春議長(右)に手渡す上間明西原町長=8日、県議会

 西原町の上間明町長と同町議会の新川喜男議長らは8日午前、県議会に喜納昌春議長を訪ね、西原町の南西石油が石油精製事業を閉鎖することについて、精製事業の維持と従業員の雇用対策を図るよう要請した。事業の閉鎖は、親会社のブラジル国営石油会社ペトロブラスの日本撤退に伴う措置。

 新川議長は町議会で7日可決した要請決議を、上間町長は新たな企業の誘致による石油精製事業の継続などを求める要請書を、それぞれ喜納議長に手渡した。喜納議長は「県議会としても決議を可決するなど対応を検討したい」と話した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス