政治

「辺野古、日本全体で反対を」 辺野古基金共同代表・鳥越氏

鳥越俊太郎氏

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設阻止を目的とした「辺野古基金」の共同代表に就任したジャーナリストの鳥越俊太郎氏は9日、琉球新報の取材に応じ「辺野古移設を阻止するために、沖縄だけでなく日本全体で反対しないといけない。そのために基金を有効活用できるよう、提案もしていきたい」と抱負を語った。

 鳥越氏は沖縄の基地問題や沖縄戦体験者などを取材し、辺野古移設に反対する思いを強く持っているというが、その根底には自身の戦争体験があるという。
 「僕は九州の生まれだが、戦争時に米軍は九州上陸作戦を立てていた。沖縄県民の抵抗で沖縄戦が長引き、その後終戦を迎えたが、もし米軍が九州に来ていたら僕は生きていなかったかもしれない。沖縄の人に申し訳ないという奥深い気持ちがある」と共同代表を引き受けた思いを語った。
 基金の活用方法については米紙や全国紙に意見広告を掲載する以外に「辺野古移設が必要ないと主張している米国の有識者を招いたシンポジウムの開催や、沖縄の基地問題を米議会に直接的に訴えるロビー活動に活用することが必要だ」と提案する。
 鳥越氏は「辺野古移設の問題は沖縄だけの問題ではない。反対する地域に基地の移設を強行することは、国民全体に対する安倍政権の挑戦であり、日本人全体の意思として許さないと示す必要がある。(辺野古基金の活用で)日本全体の機運を盛り上げていきたい」と強調した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス