政治

県外土砂搬入阻止を県に要請 奄美の市民団体 「辺野古」用の採石警戒

町田優知事公室長(左)に要望書を手渡す大津幸夫共同代表(中央)=14日、県庁

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う県外からの埋め立て用土砂の搬入計画に対し、調達先に予定される鹿児島県奄美大島で採石に反対している「自然と文化を守る奄美会議」の大津幸夫共同代表と原井一郎副代表が14日、沖縄県庁に町田優知事公室長を訪ね、奄美など県外から沖縄への土砂搬入を止めるよう求める要望書を手渡した。

 移設中止に賛同する約2千人分のネット署名も手渡し、新基地建設阻止に向けた連携を呼び掛けた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス