政治

辺野古阻止が唯一の解決策 知事、政府を痛烈批判

新基地建設阻止に向けた決意をあらためて強調する翁長雄志知事

 県民大会であいさつした翁長雄志知事は、普天間飛行場の名護市辺野古移設について「県の有するあらゆる手法を用いて造らせない」と述べ、移設阻止に全力で取り組むことを表明。「新辺野古基地の建設阻止が普天間問題を唯一解決する政策だ」とも述べ、別の方策を探ることが移設問題の解決につながると訴えた。

 安倍政権の閣僚が「移設問題の原点は危険性の除去」と説明することについて「沖縄から言わせると、原点は普天間飛行場が米軍に強制接収されたことだ」と述べ、飛行場の成り立ちについて政府認識をただした。その上で「辺野古が唯一の解決策」として移設を強行する政府の姿勢を「日本の政治の堕落だ。自国民に自由と人権、民主主義を保障できない国が世界の国々とその価値観を共有できるのか」と痛烈に批判した。
 政府の対米追従について「日本の国が独立は神話だと言われないように頑張ってください」と、首相への異例のエールで皮肉った。
 さらに「子や孫がまた捨て石として犠牲にならないか、沖縄の責任世代として見極めないといけない」とも指摘した。
 移設問題に関して全国に沖縄の訴えへの理解が広がりつつあることに「心強い。この沖縄から日本を変えていきたい」とも語り、最後は「うちなーんちゅ、うしぇーてぇー、ないびらんどー(沖縄人をないがしろにしてはいけませんよ)」と締めくくった。
 大会後の会見で、最後のしまくとぅばでの発言について「沖縄の現状と、首相に反省をしてもらい、沖縄のこれからのあるべき姿を真剣に考えてもらいたいという意味合いだ」と説明した。
 政府が大浦湾でボーリング調査を強行していることや、県民の反対の中で今後も作業を進めようとしていることについて「海での銃剣とブルドーザーで建設されつつある前兆」と批判を込めて表現し「辺野古に造ることはいかに困難かを実感している」とも述べた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス