政治

議員、経済関係者らが訪米団結成 翁長知事訪米に同行

訪米団の結団式で辺野古新基地建設反対の民意を米国に訴える決意を確認する議員や経済関係者ら=26日午後、県議会

 翁長雄志知事の訪米に同行する議員や経済関係者らによる訪米団の結団式が26日午後、県議会で開かれ、名護市辺野古への新基地建設反対の民意を知事と共に米国に訴える決意を確認した。訪米団は知事に同行して関係各所を訪問するほか、独自で米国のシンクタンクや環境団体、議会関係者も訪ねる。ハワイでは米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落した現場も視察する計画だ。

 訪米団は渡久地修県議(共産)が団長、知念博那覇市議(新風会)が副団長、山内末子県議(県民ネット)が事務局長を務める。渡久地団長は「一番の任務は翁長知事をオール沖縄で支え、沖縄県民の民意を伝えることだ。一人でも多くの人と会い、沖縄の実態を訴えたい」と述べた。
 結団式に参加した翁長知事は「昼のニュースで菅義偉官房長官が辺野古新基地ができなければ普天間は固定化するという確定的な話をしていた。裏を返せば新辺野古基地建設が難しくなり、普天間の固定化を出して脅しをかけてきたと思う。私たちが役割をしっかりやり通せば、必ず新辺野古基地は造れない」と訪米に向けた決意を語った。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス