政治

翁長知事との面談 国務省も日本部長が対応

 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】米国務省のラスキー報道部長は28日の記者会見で、訪米中の翁長雄志知事との面談には、ヤング日本部長が対応すると明らかにした。県は、米上院の承認が必要で日本の局長級にあたる次官補級との面談を要請していたが、米国防総省と同様に国務省も課長級の日本部長が応じることになった。

 ラスキー氏は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設ついて「普天間の危険除去を実現する唯一の解決策だ」と述べ、移設計画を推進する立場に変わりはないことを強調した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス