政治

普天間移設先の久辺3区振興、国「要望、速やかに実現」

名護市辺野古と豊原、久志の3区の振興に関して地元と国が話し合う「久辺三区の振興に関する懇談会」の初会議=30日、名護市の辺野古交流プラザ

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐり、辺野古と豊原、久志の3区の地域振興に関して地元と国が話し合う「久辺三区の振興に関する懇談会」の初会議が30日、名護市の辺野古交流プラザで開かれた。冒頭部分だけ報道陣に公開された。

 嘉陽宗克辺野古区長は「(私たちの)要望事項一つ一つを精査し、住民に見える形で進めてほしい」と求めた。井上一徳沖縄防衛局長は「皆様方に大変負担をかけることになるから、街づくりに全面的に協力していかないといけないと思っている。防衛省と内閣府、関係省庁で連携し、可能なものから速やかに実現するよう全力で取り組んでいく」と述べた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス