政治

機動隊への抗議でにらみ合い 海上作業確認されず

ゲート前に座り込む市民を歩道側に排除する県警機動隊=31日午前8時半ごろ、名護市のキャンプ・シュワブのゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する市民は31日午前7時ごろから、キャンプ・シュワブのゲートから海上保安庁や工事関係の車両進入を警戒する早朝行動を始めた。

その際、歩道上へと市民を排除する県警機動隊の言動に抗議して、市民約20人がゲート前に座り込み、同9時すぎまで機動隊とにらみ合いの状況が続いた。
 海上では午前10時時点で、沖縄防衛局が海底掘削(ボーリング)調査に使用するスパット台船や大型クレーン船に目立った動きは見られない。市民によるカヌーを使った抗議行動も行われていない。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス