政治

海上作業確認されず ゲート前で約100人が抗議

米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込む市民ら=7日午前、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】名護市辺野古への新基地建設で7日午前、大浦湾の海上では海底の掘削(ボーリング)調査を行うスパット台船3基とクレーン船1隻には午後10時半時点で作業員の姿はなく、作業は確認されていない。新基地建設に反対する市民やカヌーによる抗議行動も行われていない。

 一方、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、市民ら約20人が午前6時からゲート内に入る車両を監視し、「これ以上沖縄に米軍基地はいらない」と抗議の声を上げた。午前11時半現在は約100人が座り込んでいる。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス