政治

海保、抗議のカヌー隊16人拘束 名護市辺野古沖 掘削作業続く

カヌーに乗って海上作業の中止を訴える市民(右)と浮具(フロート)越しに警備する海上保安庁の職員ら=9日午前、名護市辺野古沖

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設をめぐり9日午前、建設に反対する市民らはカヌー20艇と抗議船3隻を辺野古沖に出し、抗議活動を始めた。

 海底掘削(ボーリング)調査を続けるスパット台船上の作業員に「作業をやめよう」「海を壊さないで」と作業の中止を訴えた。午前10時55分ごろから海上保安庁がカヌーの市民の拘束を始め、16人が拘束された。
 一方、米軍キャンプ・シュワブゲート前では早朝から市民が集まり、工事車両の進入を阻止した。午前の集会では県内外から50人以上が集結し「安倍政権を止めよう」などと声を上げた。
 8日に大浦湾でカヌーに乗って抗議中、海上保安官に拘束され後頭部を打撲した西村茂樹さん(51)=宜野湾市=は「現場の保安官は政府からの指示を受け、フロートを越えたら何でもやっていいと思っている。安倍晋三首相は意地になっている」と話した。
【琉球新報電子版】