政治

大宜味村議会、国に9条厳守要求 決議を全会一致で可決

 【大宜味】大宜味村議会(平良嗣男議長)は9日、政府に対して憲法9条を守るよう求める決議を全議員による全会一致で可決した。「大宜味村憲法九条を守る会」(平良啓子会長)の陳情を採択した。

安全保障関連法案の成立を目指して、改憲にも動き出す安倍政権を批判し、憲法9条の厳守を求める決議は県内初とみられる。
 決議は、安倍政権が積極的平和主義という「美言」を使い、国際貢献の名の下で「戦争する国」づくりを進めることは憲法9条に基づく戦後の日本を根底から崩そうとしていると指摘。
 国民的な議論がないままの集団的自衛権の行使容認、海外派兵恒久法、国連平和維持活動法の改正などが「対米従属の戦争へ向かう日本の方向性」をはっきり示したとしている。
 現憲法によって平和な日本が実現しており、世界に類を見ない日本国憲法の理念にのっとり世界平和に貢献することが「今ほど重要な時はない」と主張した。
 決議の宛先は首相や防衛相など。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス