政治

安保法案、政府「あまりに傲慢」 自民・村上誠一郎氏

 安全保障関連法案を批判する自民党衆院議員の村上誠一郎元行政改革担当相は10日、共同通信の取材に応じ「集団的自衛権は憲法違反」との考えをあらためて示した。その上で憲法学者の「法案は違憲」との指摘を受け入れない政府、自民党に関し「あまりにも傲慢。自分たちが法律だとでもいうような姿勢は民主主義ではなく、立憲主義も危うくなる」と断じた。

 憲法解釈を変更し、集団的自衛権行使を容認した昨年7月の閣議決定の際にも、村上氏は「憲法改正が筋。解釈変更は認められない」と反対を表明していた。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス