政治

区割り変更の条例案提出へ 県議会改革推進会議

県議選の選挙区を見直すことを決定した県議会議会改革推進会議のメンバーら=15日午前、県議会議会運営委員会室

 県議会議会改革推進会議は15日午前、県議選の選挙区を見直す条例案を16日開会の6月定例会に提出することを全会一致で決めた。過去の会議でまとめた那覇市区と南部離島7町村、南城市と島尻群区(与那原町、南風原町、八重瀬町)をそれぞれ合併し、那覇市・南部離島選挙区、島尻・南城市選挙区とする中間案を正式な案とした。可決されれば来年6月に実施予定の県議選から新選挙区が適用される。

 定数については那覇市・南部離島選挙区は元の那覇市区と同じ11人、島尻・南城市選挙区は元の南城市区の1人、島尻群区の3人を合わせた4人となる。
【琉球新報電子版】