政治

土砂搬入規制条例を提出 県議会与党 特別委で審議へ

県外からの土砂搬入を規制する条例案を読み上げる与党県議団座長の仲宗根悟氏=16日午前、県議会

 県議会6月定例会が16日午前、開会した。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設計画に関連し、与党会派は県外からの埋め立て用土砂の搬入を規制する条例案を提出した。

同条例案を審議するため19議員からなる特別委員会も設置した。
 条例案は土砂搬入に伴う外来生物の侵入を防ぐことなどが目的。特別委員会での審議を経て、7月10日の最終本会議で採決される。可決されれば11月1日から施行される。
 定例会に県は、いじめ防止対策審議会を設置する条例案や、非飛散性のアスベスト(石綿)の解体工事を行う際に届け出を義務付ける生活環境保全条例改正案などの17議案を提出した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス