政治

長島の改変を否定 新基地工事、防衛局が本紙に回答

 名護市辺野古への新基地建設計画により大浦湾にある長島の一部が消失する可能性があると沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団が指摘していた件で、沖縄防衛局は18日、本紙取材に対し「埋め立て承認願書に添付した文書内の図は浚渫(しゅんせつ)および床掘(とこぼり)の施工範囲を概念的に示したものだ。

図上では施工範囲と長島の一部が重複するが、実際の施工で長島を改変させることは全くない」と回答した。
 監視団の真喜志好一氏は「床掘範囲を示す線の一部は等高線に沿っており、『概念的に示した』という説明には疑念が残る」と述べた。