政治

ケネディ大使、辺野古調査言及なく 翁長知事と初会談

ケネディ駐日米大使と会談後、記者団の取材に応じる翁長雄志知事=19日午前11時すぎ、都道府県会館

 【東京】翁長雄志知事は19日午前、米国大使館でキャロライン・ケネディ駐日米大使と会談した。翁長知事は米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に関し、反対する自身の立場を表明し、県が求めている臨時制限区域への調査を認めるよう求めた。

翁長知事は昨年12月の就任後、ケネディ大使と会談したのは初めて。翁長知事によると、ケネディ大使から辺野古移設に対する言及はなかったが、23日の慰霊の日に来県し、沖縄全戦没者追悼式に参加する意向を示した。会談は非公開で約40分間開かれた。
 ケネディ大使との会談後、翁長知事は都内で記者団の取材に応じ「昨年の名護市長選や県知事選でも反対の民意は出ている」と述べ、辺野古移設に反対する意向を述べた。翁長知事によると、知事が辺野古移設に反対の意見を述べたのに対し、ケネディ大使は「在日米軍のプレゼンスを継続していく必要がある」などと述べるにとどめた。臨時制限区域への立ち入り調査について、大使から発言はなかった。
 翁長知事は5月末の訪米前までに会談することを求めていたが、これまで実現していなかった。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス