政治

安保法案の廃案・撤回求める 3町議会が意見書可決

 北谷町議会(田場健儀議長)、西原町議会(新川喜男議長)、南風原町議会(宮城清政議長)は19日、6月定例会で、安全保障関連法案の廃案や即時撤回を求める意見書をそれぞれ賛成多数で可決した。宛先は首相、衆参両議長ら。

 北谷町議会と南風原町議会は「安全保障関連法案の廃案を求める意見書」をそれぞれ賛成多数で可決した。
 北谷町議会の意見書では同関連法案について「日本の平和と安全を脅かすもの」であり「憲法9条に反することは明白である」と批判している。「平和を守り、町民の命と暮らしを守る立場」から廃案を強く要求している。
 南風原町議会の意見書は「戦力の保持を禁じ、交戦権を否認している日本国憲法のもとで、このような法制への改変は憲法違反であり、許されない」と指摘し、廃案を求めた。
 西原町議会は「憲法違反の安全保障関連法案の即時撤回を求める意見書」を賛成多数で可決した。意見書では「安倍政権は9条をないがしろにし、再び戦争のできる国にしようとしている。憲法違反の法案の即時撤回を強く求める」としている。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス