政治

安保法案、今国会成立に「反対」23人 県内首長本紙アンケート

 琉球新報社は3日までに、県内41市町村の首長を対象にした安全保障関連法案に関する緊急アンケートを実施した。33市町村長が回答した。安倍政権が今国会で安保関連法案の成立を目指す方針について23人(回答者の69.7%)の首長が反対した。「歴代内閣は集団的自衛権は憲法上認められないとしてきた」「国民への丁寧な説明と国民的議論を尽くし、国民の一層の理解を深めた上で国民投票すべきだ」など、法案成立を急ぐ政府に対し、慎重姿勢を求める声や国民不在の審議だと批判する声が上がった。

 安保関連法案について国民への説明が尽くされているかという質問に対し、29人(同87.9%)が「十分には説明していない」と答えた。安全保障関連法案と憲法との関係については、20人(同60.6%)が「憲法に違反している」と回答し「違反していない」はいなかった。法案自体の賛否については20人(同60.6%)が反対し、賛成はいなかった。法案が成立した場合、沖縄が戦争に巻き込まれる可能性が高くなるかを聞いたところ、19人(同57.6%)が「高くなる」、4人(同12.1%)が「変わらない」とし、「低くなる」はゼロだった。
 宜保晴毅豊見城市長、下地敏彦宮古島市長、中山義隆石垣市長、伊集盛久東村長、高良文雄本部町長、比屋根方次八重瀬町長、前田政義伊是名村長、外間守吉与那国町長の8人は全ての質問に無回答だった。
 桑江朝千夫沖縄市長、佐喜真淳宜野湾市長、上原裕常糸満市長、古謝景春南城市長の4人は設問には答えなかったが、「国会で十分審議してもらいたい」などの意見を付した。
 調査はアンケート用紙を1日に41市町村にファクシミリで送付し、3日までに回収した。





関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス