政治

シュワブで遺跡試掘 名護市教委、5カ所調査へ

 【名護】名護市教育委員会は7日、米軍キャンプ・シュワブ内の新基地建設予定地での文化財試掘調査を開始した。2月末まで。碇石(いかりいし)が見つかった付近の調査は現在沖縄防衛局に申請中で、許可が下りれば並行して調査する予定。

 試掘調査は、作業ヤードと仮設道路建設予定地にかかる遺跡5カ所の11地区331カ所で行われる。碇石発見現場での調査が行われる場合、調査期間が延長されて移設作業に影響を与える可能性が高い。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス