政治

抗議の市民らを強制排除 シュワブ・ゲート前、一時混乱

工事用車両の進入を止めようとゲート前に座り込む市民と、それを排除する県警機動隊=13日午前10時30分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設計画をめぐり、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では13日早朝から新基地建設に反対する市民ら約50人が抗議活動を続けている。午前10時半すぎには、工事用車両の基地内進入を阻止しようと約30人がゲート前に座り込み、県警が車両を通すために市民らを強制排除するなど、一時混乱した。

 建設予定地の大浦湾では午前11時現在、沖縄防衛局の警戒船などは確認されず、建設反対の海上行動も行われていない。一方、台風9号の影響で沖合から流されたとみられる油防止膜(オイルフェンス)の一部は沿岸部に漂ったままになっている。
 シュワブのゲート前には沖縄キリスト教学院大の学生約20人が授業の一環として訪れ、座り込みを続ける人たちの話を聞いた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス