政治

宮崎駿氏、辺野古移設で訴え 「県民の願いは基地撤去」

宮崎駿氏

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐる問題で、反対する市民運動を支援している「辺野古基金」の共同代表を務めるアニメ映画監督の宮崎駿氏が13日、外国特派員協会所属の記者と会見し「多くの沖縄県民が基地を撤去したいと願っている」と訴えた。

 同協会が、会見の様子をホームページで公開。宮崎氏は、東京都小金井市のスタジオで「沖縄県民の半数以上が辺野古移設に反対している。永続的にあらゆることをしていく」と基金の活動について話した。
 国会で審議中の安全保障関連法案には「軍事力で中国を抑えることはできない」と指摘した。
(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス