政治

衆院採決にらみ与野党攻防激化 民・共欠席で特別委審議

 安全保障関連法案の衆院採決をにらんだ与野党の攻防が14日、激しさを増した。衆院平和安全法制特別委員会は民主、共産両党が欠席する中、安保法案の一般質疑を実施した。与党は15日に特別委で採決し、16日に衆院本会議で可決・通過させる構えを崩していない。14日午後に維新の党が提出した対案をめぐり協議し、採決日程を最終判断するとみられる。民主党は「15日の特別委採決は到底認められない」(長妻昭代表代行)と反発を強めた。

 特別委には自民、公明両党に加えて維新の党が出席し、野党内で対応が分かれた。与党は14日夕にも特別委理事会で15日の日程を野党側に提案する方針だ。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス