政治

農相、沖縄防衛局に再反論書要求 辺野古移設問題

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設をめぐり、沖縄県による作業停止指示を不服として、沖縄防衛局が農相に取り消しを求め審査を請求した問題で、林芳正農相は14日、防衛局側に再反論書の提出を求める方針を明らかにした。「指示の法的根拠について、両者の主張に開きがある」とした。閣議後の記者会見で述べた。

 水産庁によると、防衛局は5月末に提出した反論書で「県の指示は、岩礁破砕許可の対象区域外での行為により、対象区域の行為を停止させるもので、法的根拠を欠く」と指摘。これに対し、県は今月に提出した再弁明書で「適法性を確認するための当然の行為だ」と主張していた。
(共同通信)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス