政治

名護市長「大きな力になる」 埋め立て承認「瑕疵」の有識者委報告

県の第三者委員会の報告について「大きな力になる」と述べる稲嶺進市長=16日、名護市役所

 【名護】名護市の稲嶺進市長は16日、米軍普天間飛行場の移設が計画される名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認した前知事の判断で、有識者による県の第三者委員会が「法律的な瑕疵(かし)が認められる」と翁長雄志知事に報告したことについて「(新基地建設阻止に向け)私がこれまでやってきたことを後押しする、非常に大きな力になる」と評価した。

 稲嶺市長は承認手続きの瑕疵を認めた報告に関し「想定していた内容だった」と話した。
 翁長知事の今後の判断については「県民が求めているのは(承認の)取り消し、撤回だ。個人的にもそういうような立場で結果を期待している」と話した。【琉球新報電子版】
英文へ→Nago Mayor says panel report will become a big force against new US base