政治

安保法案の廃案要求 700人国際通りデモ行進

安保関連法案の衆院通過に対し、デモ行進で抗議する参加者ら=17日夕、那覇市の国際通り

 衆院での安全保障関連法案可決を受け、同法案に反対する市民らのデモ行進が17日夕、那覇市の国際通りであった。15日に続き2回目の開催。主催者発表で約700人が参加した。「戦争法案絶対反対」などとシュプレヒコールを上げて法案が16日に衆院を通過したことに強く抗議するとともに、同法案の廃案を訴えた。

 県憲法普及協議会、県議会与党会派、沖縄平和運動センターなどでつくる「止めよう戦争法案!守ろう9条!実行委員会」が主催した。
 デモに先立ち県庁前の県民広場で開催された集会では、主催者を代表して県統一連の中村司代表幹事が「衆院で法案が強行可決されたが、安倍政権は法案に反対する国民の声に追い詰められている。憲法に反する法律は許されない。廃案に向け『絶対に負けない』という気持ちをアピールしよう」と呼び掛けた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス