政治

県民会議が新基地阻止で要請 変更申請内容も効力消滅

基地の県内移設に反対する県民会議の要請に対し、県の対応方針を説明する池田竹州基地防災統括監=24日午前、県庁

 基地の県内移設に反対する県民会議の北上田毅氏は24日、県庁を訪ね、名護市辺野古の新基地建設の阻止に向け、県が沖縄防衛局に出した岩礁破砕許可や、本体工事の設計概要の変更申請許可を取り消すよう求めた。

 県の赤崎勉海岸防災課長は、工事の変更申請許可について、県が現在検討している辺野古の埋め立て承認そのものを取り消した場合には、付随して効力を失うとの認識を示した。
 一方、岩礁破砕許可について新里勝也水産課長は、埋め立て承認行為とは別の法制度に基づく許可だと説明した上で、埋め立て承認の取り消しに付随して自動的に効力を失うわけではないと説明した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス