政治

枝野氏、首相補佐官の解任要求 法的安定性の確保を軽視発言

 民主党の枝野幸男幹事長は27日、安全保障関連法案に関し、法的安定性確保を軽視する発言をした礒崎陽輔首相補佐官を解任するよう安倍晋三首相に求める考えを明らかにした。国会内で記者団に「行政のイロハのイを分かっていない補佐官をいつまで使い続けるのか」と語った。

 礒崎氏は26日、大分市の講演で、憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認について「法的安定性は関係ない。わが国を守るために必要かどうかが基準だ」と主張した。
 枝野氏はこの発言を問題視し「ルールが時々の都合で変わってしまう。礒崎氏は行政に携わる資格がない」と批判した。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス