政治

知事、官房長官と会談 辺野古「再考」を要望

菅義偉官房長官との会談後、記者団の取材に応える翁長雄志知事=31日午前10時50分ごろ、首相官邸

 【東京】翁長雄志知事は31日午前、首相官邸で菅義偉官房長官と会談し、名護市辺野古の新基地建設について、第三者委員会が埋め立て承認手続きに「瑕疵(かし)がある」とした検証結果を報告したことや事前協議の取り下げを求めた。

会談後、知事は基地建設に関し「ぜひ、再考してもらいたいという話をした」と述べた。
 会談は非公開で約15分間行われた。知事の求めに対し、菅氏は「これまでの経緯を踏まえながら話し合っていこう」などと応じ、今後も対話を続けることを確認したという。
 菅氏は8月7日、知事が来年度の沖縄振興予算の3千億円台確保を求めて政府に要請する際、安倍晋三首相との面談の席を設けることを明らかにした。
【琉球新報電子版】