政治

【号外】「辺野古移設作業を約1カ月中断」 菅官房長官

クリックで拡大(PDFファイル1,268KB)

 【東京】菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画について、今月10日から9月9日までの1カ月、移設計画にかかる一切の工事を停止し、県と移設問題について集中的に協議すると発表した。

県が求めているキャンプ・シュワブ沿岸域の臨時制限区域への立ち入り調査を認める方針も述べた。菅氏は会見で「普天間の危険性除去と辺野古移設に関する政府の考え方や沖縄県の負担軽減を目に見える形で実現したいという取り組みをあらためて丁寧に説明したい」と述べた。
【琉球新報電子版】
英文へ→[Extra] Chief Cabinet Secretary Suga announces one-month suspension of Henoko relocation work