政治

飛行停止など求め抗議決議 うるま市議会、全会一致

 【うるま】12日に発生した米軍ヘリうるま沖墜落事故を受けて、うるま市議会(大屋政善議長)は18日、原因究明と公表、再発防止策と原因公表が行われるまでの同型機飛行停止、通報体制の確立、日米地位協定の抜本的なあらためを求める抗議書と意見書を全会一致で可決した。

午後、沖縄防衛局と在沖陸軍トリイ通信基地に訪問し、直接訴える。政府や衆参両議院、在日米軍などへは郵送する。
 抗議、意見書では事故現場などの情報が錯綜した後、6時間後に事故の広報があったことに「強い不信感を持たざるを得ない」と批判した。戦後、うるま市域内で起きた宮森小学校ジェット戦闘機墜落事故や川崎米軍機墜落事故、増加している緊急着陸、部品落下に触れながら「市民の不安と恐怖は極限に達している」として、事故原因の徹底的な究明などを強く求めた。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス