政治

政府、情報流出の再発防止協議 サイバー戦略本部

 政府は20日午前、閣僚と有識者でつくる「サイバーセキュリティ戦略本部」(本部長・菅義偉官房長官)の会合を官邸で開いた。日本年金機構の情報流出問題の原因と再発防止策を協議し、今後のサイバー攻撃対策の指針となる「サイバーセキュリティ戦略」の見直し案を策定した。

 菅氏はあいさつで「流出事案の教訓を踏まえ、2020年東京五輪・パラリンピックの開催を見据えた戦略を取りまとめたい」と強調した。
 戦略見直し案にはサイバー攻撃の侵入経路を減らすため、重要情報を扱う政府機関の情報システムをインターネット接続から分離する対応が盛り込まれた。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス