政治

米軍ヘリうるま沖墜落に抗議 那覇市議会が全会一致

米軍ヘリうるま沖墜落事故への抗議決議と意見書を全会一致で可決した那覇市議会=1日午前

 那覇市議会の9月定例会が1日開会し、8月12日にうるま市沖で発生した米軍ヘリMH60の墜落事故の原因究明と結果公表までの同型機の飛行中止などを求める抗議決議、意見書を全会一致で可決した。

 住宅地と漁場上空での飛行停止や外来機の訓練中止など実効性ある再発防止策や、日米地位協定の抜本的改定なども求めている。抗議決議は米大統領や在日米軍司令官ら、意見書は首相や衆参両院議長ら宛て。
 抗議決議と意見書では、在沖米軍所属の航空機事故が発生するたびに抗議しているにもかかわらず、有効な再発防止策が講じられないまま訓練が再開されている現状を批判した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス